必見!ローン大辞典☆

中古マンションのローン

新築マンションを探すだけなく中古マンションも視野に入れて家探しを行っていきました。
そこで気が付いたのは、中古マンションは時価であるということです。
新築マンションであれば、間取りによって大まかな価格が決まっていて、広さや向きが同じであれば価格もおおよそ同じです。
しかし、中古マンションでは異なります。
現実にはあり得ない比喩ですが、同じ間取りの同じ向きの部屋が売りに出されたとしても、所有者の意向によって、価格は大きく変わってしまいます。
早く引越しして現金が欲しい所有者の部屋は、安く購入することが可能ですが、入金もすぐに行う必要があります。
ローン審査が降りるには時間が掛かるので手早く行う必要があります。
新築マンションでは、マンションの建築仕様について詳しく知ることができます。
しかし、中古マンションでは既に建設済みであり入居者がいることもあるので、詳細は入居してみないとわからないこともあります。

一番大きな新築マンションと中古マンションの違いは、物件価額の3%+6万円+消費税という手数料が仲介業者に掛かることです。
価格の大きなマンションではこの手数料も大きくなります。
3000万円台のマンションの売買では、100万円を超える手数料を仲介業者に支払う必要が生じます。

また、中古マンションでは修繕費などの積み立てが滞っているかどうか、管理組合などについても確認する必要があります。
新築よりもお買い得価格で購入することができる中古マンションですが、室内のリフォーム代などがかかることもあるので、総額が見えにくいのが欠点です。

人気のローンの参考になるネタはこのサイトをブックマーク!

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加