必見!ローン大辞典☆

ローンシュミレーションとは

いろいろな銀行のサイトでは、無料で利息などを比較してローンシュミレーションを行うことができます。
収入などを入力することでローンをどう返済していくかを見ることができます。
年収500万で、年間の支払いを年収の30パーセント以下である140万円に設定した場合、35年ローンで幾らぐらいの借り入れが出来るのかを調べてみました。
金利はいろいろありますが、おおよその目安と思っている2、5パーセントで計算します。
約3200万円を借りることが出来ます。
30年ローンにしてもおおよそ3000万円弱のローンが可能でした。

年収500万で35年ローンを考えると、3000万円を借りることが可能になります。
頭金をおおよそ500万円用意すると、3500万円のマンションを購入することが可能です。

3LDK以上というファミリー向けの物件で、価格が3,500万円というのは、マンション雑誌などでも目安になる金額です。
我が家のような一般的なサラリーマン価格で無理なく購入することの出来るマンション価格のメインが3500万というのは頷ける数字です。
さて、ここから、我が家は3500万円のローンで購入できるマンションを中心に探すことになりました。
購買層の一番多い価格なので、比較検討するマンションは多くあります。
さて、ここで悩むのは、新築を探すのか中古物件を買うのかということです。
どちらにもメリットデメリットがあります。
家探しは悩んでばかりです。
◇参考サイト
安定経営はファクタリングから
こちらビジネクストのファクタリングサービスは、取引先に知られることなく売掛金が資金に変わる画期的な方法です。ぜひ一度お目を通してみて下さい。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加