必見!ローン大辞典☆

毎月の支払額は

住宅ローンで毎月の支払額を幾らぐらいにするかは悩むところです。
我が家の場合は、共働きなどで家賃は夫と妻である私の収入を合わせて出しています。
収入差があるので完全折半ではありませんが、二人の収入を合わせることで余裕が出ています。
住宅ローンは夫の収入だけで組む予定です。
その場合の月々の支払いはどうすればよいのかを考えてしまいます。

現在とマンション後の生活を出費の違いを考えていました。
これまでは、家賃が必要でしたが、購入後には必要ありません。
また、頭金のためにマイホーム貯蓄を行っていましたが、これも必要なくなります。
なので、家賃プラスマイホーム貯蓄までは月々のローンを組むことが可能です。

しかし、その後、実は家を持つことになると、賃貸にはない、いろいろな出費があることもわかりました。
例えば、修繕費です。
他にも固定資産税や都市計画税などの税金が掛かります。
駐車場代もマンションによっては今よりも高くなりそうだということに気がつきました。
購入することで必要なくなる出費と新しく必要になる出費を差し引きして、差額を考えます。
その金額が、万が一、妻である私の収入がなくなっても大丈夫なのかを考えて月々のローン額をおおよそに算出しました。
もし、妻である私の収入がふえれば、繰上げ返済にまわせばよいので気が楽です。
そのため上限の35パーセントぎりぎりではなく、もう少し抑えて30パーセント以下でのローンを組むことに決めました。
事業資金・ビジネスローンが知りたいなら
会社の資金繰りで、常に胃の痛い思いをされている社長様。もっと経営を楽にしませんか?こちらに、御社の強い味方となるビジネスローンがあります。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加