必見!ローン大辞典☆

ローン審査されるものは

マンションを購入するときに、ローンを組むために必要なのは年収だけではありません。
30年35年の住宅ローンでは、前年の年収のほかに、年齢や勤続年数、会社の信用度なども配慮されます。
また生命保険など加入歴、他の自動車ローンなどに有無、これまでの返済履歴なども考慮されます。
幾らぐらいまでローンを組めるかは、返済比率によって変わってきます。
この返済比率は、年収の金額によって異なりますが、住宅金融支援機構が行っているフラット35では、我が家のように夫の年収が500万円の場合は、35パーセント以下となっています。
つまり、年間の返済額が175万円まではローンを組むことが出来るということです。

175万円をボーナス払いを考えずに12ヶ月で割ると、おおよそ14万6千円です。
都内で子どもを含む家族で家を賃貸すると、12万から17万程度の家賃が掛かることを思うと、妥当な金額ともいえます。
しかし、このほかに光熱費や保険料、食費などが掛かると考えると、かなりぎりぎりの金額です。

旅行や帰省は出来るだけしない、外食も抑えるなどの生活スタイルであればよいのですが、子どもの付き合いなども考えると、年収500万で年間175万円の住宅ローンは、人によってはきついのではないでしょうか。
我が家のように、妻の収入を含まないケースや、将来的には年収の上昇が約束されている公務員などの仕事でないと、年収の35パーセント上限までのローンはしっかりとプランを考える必要がありそうです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加